2019年茨城国体で、鹿嶋市で行われるサッカー競技の開催800日前イベントとして、天然芝に一部改修された同市平井の北海浜多目的球技場で22日、サッカー教室が開かれた。鹿島アントラーズOBの本田泰人さん(48)と名良橋晃さん(45)らが講師を務め、約100人の子どもたちと交流した。市によると、同球技場は1996年4月に完成し、軟式野球などで利用されている。国体に合わせ、昨年9月から3月まで一部改修工事が行われ、天然芝のサッカー場(1万350平方メートル)などが誕生した。サッカー教室の前には錦織孝一市長、池田芳範市議会議長、鹿島アントラーズFCの庄野洋社長らが出席し、サッカー場整備を祝うテ...    
<記事全文を読む>