J1磐田は21日、筑波大との練習試合(40分3本)を行い、御殿場市での短期キャンプを打ち上げた。名波監督は「夏場は総合力を問われる試合が多くなる。ハードさと緻密さを兼ね備えた有意義なキャンプだった」とチーム力の向上に手応えを示した。

 特別指定選手の中野が2本目から出場。ゴール前のこぼれ球を押し込むなど精力的な動きを見せ、指揮官から「(29日の)川崎戦はベンチに入るかもしれない」と高評価を得た。松井が太田の右クロスから得点し、高卒ルーキー藤川もプロ入り初ゴール。控え組のアピールも目立った。

 試合は正午開始。連日の二部練習の疲労に暑さが加わる厳しい条件だったが、攻守共に規律あるプレーを披露...    
<記事全文を読む>