勝ち点29で8位の浦和は22日、同38で首位のC大阪とアウェーで対戦する(19時・ヤンマー)。

 チームは試合2日前の20日、1時間15分のミーティング後、約1時間15分の全体練習を行った。左膝内側側副靱帯(じんたい)損傷からの復帰を目指している李と左太もも裏肉離れの青木は、ともにランニングなどの別メニューで調整した。

 トレーニングで大半の時間を割いたのが、ハーフウェーから攻め上がりフィニッシュまで持っていく練習だった。

 まずは3人一組でパスをつなぎながら、次に守備側1人に対して攻撃側2人がゴールを目指し、締めくくりに3(攻撃)対2(守備)でコンビネーションを使いながら数的優位を利用して...    
<記事全文を読む>