J1広島のヨンソン監督が19日、自らの色を出し始めた。従来の練習メニューを大幅に変更。対話を重視しながら練習を進めた。「サッカーは選手が自分で考えないといけない。判断させることを教えたい」。急ピッチで戦術の浸透を図っている。

...    
<記事全文を読む>