北海道コンサドーレ札幌は、ハーフコートを使って6対6や10対10で守備戦術などを確認し、最後は紅白戦を行った。新加入のFWジェイ(35)や、MFチャナチップ(23)も主力組に入ってチーム戦術を確認。主将でボランチを務めるMF宮沢裕樹(28)は、彼らとの融合でリーグ再開後のレベルアップを誓った。

 主力組3トップの頂点に新加入のジェイが入り、2シャドーにFW都倉、ヘイス、交代でチャナチップが入って、プレスの掛け方などを確認した。中央ダブルボランチに入った宮沢は「時間がかかることだけど、彼らと会話しながら、チームとしてやるべきことを覚えてもらって、リーグ再開後の試合に間に合えば」。新たな戦力...    
<記事全文を読む>