サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台が9月から、仙台市若林区の荒井東1号公園の運動施設「SPiA(スピア)」でジュニアサッカースクールを開くことが11日、分かった。スピアを運営する一般社団法人荒井タウンマネジメント(TM)などと提携する。

 1号公園は市地下鉄東西線荒井駅の南東約150メートルにあり、スピアは高品質の人工芝や夜間照明、シャワー室を備える。9月1日の1号公園オープンに合わせ、幼稚園の年中から小学生を対象にスクールを始める。

 平日の放課後に練習し、優秀な選手はジュニアチームに採用する。スクール利用料は樹木管理など公園全体の維持費に充てられる。

 ベガルタ仙台は宮城県内12カ所...    
<記事全文を読む>