広島は10日、ヤン・ヨンソン氏(57)の新監督就任が決まったと発表した。スウェーデン出身のヨンソン氏は、1993年に広島にコーチとして加入後、シーズン途中で選手登録されてプレーした。スウェーデンやノルウェーのクラブの監督を務めた。

 18日にチーム練習に合流。26日に行われるYBCルヴァン・カップのFC東京戦(味スタ)から指揮を執る予定。ヨンソン氏はクラブを通じて「リーグ戦において、広島の置かれている状況が厳しいことは理解している。本来あるべき方向へと向かうため、より深く掘り下げて準備をしていきたい」とコメントした。

 広島はJ2降格圏の17位と低迷し、森保一監督が退任。横内昭展ヘッドコー...    
<記事全文を読む>