鳥栖は前半に2得点を挙げたものの、後半に3失点。川崎に痛い逆転負けを喫した。

 前半は川崎の攻撃を抑えながら、好機を確実に生かした。39分にDF吉田が得たPKをMF原川が決めて先制すると、42分にはMF福田のクロスにFW趙東建(チョ・ドンゴン)が頭で合わせて追加点を奪った。

 一方、後半は川崎の勢いを止められなかった。11分にCKのこぼれ球をDF谷口に押し込まれると、13分には左クロスをDFエウシーニョに決められた。さらに17分、左クロスからFW小林に飛び込まれ逆転を許した。鳥栖は終盤相手ゴールに迫ったが、流れを引き戻せなかった。■鳥栖2点差守れず 開幕戦以来のホーム黒星 中2日で乗り込ん...    
<記事全文を読む>