暫定8位につける浦和は5日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の関係で1試合未消化だったリーグ第13節で、同6位の川崎と対戦する(19時・等々力)。チームは3日、大原サッカー場で1時間の全体練習を実施。右膝痛で鳥栖戦、広島戦を欠場した宇賀神が合流し、8対8などフルメニューをこなした。駒井は右かかとの打撲で室内調整だった。

 チームは広島戦こそ、関根の個人技で最終的に4―3で逆転勝ちはしたものの、ここ3試合で9失点と守備が崩壊中。これを受けて全体練習開始前には、クラブハウス内で緊急ミーティングが行われた。

 次戦の川崎戦へ、ではなく失点場面の検証がテーマ。ミシャ監督は、守備が乱れ始めた5...    
<記事全文を読む>