仙台の1点目をアシストしたのは、負傷した永戸に代わって出場した蜂須賀だった。後半31分、右サイドの敵陣深くからクロスを放つと、ゴール前でフリーになっていた西村が右足で合わせた。「何とか1点を返すことに絡もうと思っていた」と振り返る。

 最後は惜敗したが「みんながゴールを奪う気持ちを見せ、スタジアムが乗ってきて、全体でガンバを倒そうという雰囲気を感じた」とサポーターの力強い後押しに感謝。一方で「サッカー選手は勝って初めて評価される。今後も諦めずに(戦い)続けることを意識していきたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>