この試合まで、G大阪には2015年10月以降3連敗中。全て1-3で軽くあしらわれてきたが、今回は同じ負けでも重みが違う。「最低でも勝ち点1は取りたかった。一方で、3を取れるチャンスは十二分にあった」と語る渡辺監督。表情には、悔しさと同じぐらいの充実感が漂っていた。

 地鳴りのような歓声が立て続けに響いた。0-2の後半31分、蜂須賀の敵陣深くからの右クロスがゴール前の西村へ。「相手の最終ラインが低かったので、マイナス(ゴールから遠い)位置を狙っていた」。巧みにフリーで受けて、落ち着いて右足で左隅に決めた。

 勢いづいた仙台は、一気呵成(かせい)に攻めた。4分後、大岩が「目の前にボールがあった...    
<記事全文を読む>