J1横浜Mの元日本代表DF中沢佑二(39)が1日、J1での連続フル出場を140試合に伸ばし、GK以外のフィールドプレーヤーで歴代最多の記録を更新した。さいたま市のNACK5スタジアム大宮で行われた第17節の大宮戦で、阿部勇樹(浦和)の139試合を抜いた。GKを含めた記録は曽ケ端準(鹿島)の244試合が最多。

     ◇ 約4年もの間、常にピッチに立ち続けた。横浜Mの中沢が、フィールドプレーヤーの連続フル出場では前人未到の域に到達。「個人記録はおまけ」とチームのために身を粉にしてきた39歳が、新たな金字塔を打ち立てた。

 前半から猛攻を仕掛けられたが、トレードマークの長髪を振り乱してクロス...    
<記事全文を読む>