前節C大阪戦は序盤の好機を逃し続けた結果、相手にカウンターから先制を許し、主導権を握られて敗れた。攻守の要の石原、平岡は同じ過ちを繰り返さないよう気を引き締める。

 「ここ最近、試合の入り方はいいが、一瞬の隙にやられてしまう」と石原。同時に「リードされると守備を固められてやりにくくなるが、逆に、(先制点を)取れば余裕が持てる」と先制点の重要性を強調する。

 仙台は今季、先制した試合は5勝1敗。リードした中盤以降、5バック気味の鉄壁な守備で逃げ切る戦術を得意とする。だが、直近2試合はいずれも先取点を与えて白星を逃した。

 渡辺監督が「意図的な守備の崩しはできている」と語るように、強豪が相手でも...    
<記事全文を読む>