第88回都市対抗野球大会第10日は23日、東京ドームで準々決勝3試合を行い、西濃運輸(岐阜県大垣市)が日本通運(さいたま市)に0-2で敗れ、2年連続の4強進出を逃した。

 西濃運輸は、先発の山下大輝が三回にソロ本塁打を浴び、先制を許した。八回にも失点、リードを広げられた。打線は五回の1死満塁の好機を生かせず、点が奪えなかった。

...    
<記事全文を読む>