【釧路】2014年から実施されていた釧路市民球場の改修工事がほぼ完了し、道内の屋外野球場では初めて、人工芝を全面に敷いたフィールドが姿を現した。人工芝はプロ野球・埼玉西武の本拠地メットライフドームと同じものを使用。25日にパ・リーグ公式戦の北海道日本ハム―千葉ロッテ戦が行われる。

 日本野球連盟などによると、プロ野球チームの本拠地と同じ人工芝を使う地方球場は全国的に珍しい。人工芝は約1・4ヘクタールのフィールドに約4センチの厚さで敷かれた。ボールの弾み方は天然芝に近く、スライディングしても痛くなりにくいクッション性があるという。釧路市は「高品質の人工芝をPRし、大会や合宿の誘致に役立てた...    
<記事全文を読む>