第88回都市対抗大会第6日は19日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、3年ぶりの黒獅子旗を狙う4年連続36度目出場の西濃運輸(大垣市)は、2年連続17度目出場の新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)に6-5で逃げ切り勝ちし、ベスト16入りした。

 西濃運輸は一回に主将伊藤匠(岐経大出)の豪快な3ランなどで5点を先取。さらに加点し、6-0とリードしてから1点差まで詰め寄られたが、3投手のリレーで反撃をかわした。

 その他は、東芝(川崎市)は三回に堀米の適時二塁打などで2点を先制して終盤に加点し、日本新薬(京都市)を4-2で振り切った。セガサミー(東京都)は2点を追う二回に4長短打などで5点を奪って逆転し、...    
<記事全文を読む>