第88回都市対抗野球大会第3日は16日、東京ドームで1回戦が行われ、北信越代表の伏木海陸運送(高岡市)は、JR東日本(東京)に0―3で敗れた。5年ぶり4回目の出場だったが、初勝利は果たせなかった。

  伏木海陸運送は、JR東日本の左腕エース・田嶋に1安打に抑えられ、完封された。先発右腕の上野ら投手陣は計11安打を許しながらも要所を締め、守備陣の好守もあって3失点にとどめた。

 ホンダ熊本(大津町)は先発の荒西が6安打で完封し、4―0で日本製紙石巻(石巻市)に快勝。ホンダ(狭山市)は木浪が三回に3点本塁打を放って主導権を握り、10―0でJR四国(高松市)に七回コールドゲーム勝ちした。■宮口が...    
<記事全文を読む>