選手9人の合計年齢が500歳以上のチーム同士で対戦する「500歳野球」の第1回全国大会が15日、秋田県大仙市で始まった。新潟県から出場の濁川クラブなど、12都県から集まった32チームによるトーナメント方式で、熟年球児たちが17日の決勝を目指し、甲子園さながらの熱戦を繰り広げた。

 参加者は49~84歳の約800人。30度を超す暑さの中、「力を抜いて」「ナイスボール」と球場に生き生きした声が響いた。足をもつれさせながら全力で走塁し、後逸したボールを必死に追い掛ける姿に観客が沸いた。

 栃木県さくら市から参加した長谷川寿夫さん(60)は「実力が同じ者同士で戦うことができて楽しかった」と笑顔。神...    
<記事全文を読む>