第1回全国500歳野球大会(秋田県大仙市、秋田魁新報社主催)は15日、大仙市の大曲球場で開会式を行い、全32チームによる3日間の戦いが幕を開けた。

 開会式では県外18チーム、県内14チームが力強く入場行進。選手を歓迎し、神岡小の児童が地域に伝わる民謡「秋田飴売り節」に乗せたよさこい踊りを披露した。市内の業者による昼花火も打ち上げられ、拍手が送られた。

 大会は17日まで行われる。

...    
<記事全文を読む>