山形市は14日、山形市総合スポーツセンターで建設中の新野球場について、最初のネーミングライツ(施設命名権)パートナーの募集を開始した。

 球場は両翼100メートル、中堅122メートル。1万2千人を収容できる。9月中旬の供用開始を予定し、現在は周辺の外構工事中。霞城公園の現野球場にはなかった命名権を付与することで、球場の親しみやすさや魅力の向上、地域経済、観光産業の活性化への貢献を目指す。

 応募資格は県内外の法人など。契約の希望契約金額は年間360万円以上で、期間は9月1日からの3年以上5年以下。締め切りは28日正午で、8月上旬に決定する。問い合わせは市スポーツ保健課023(641)121...    
<記事全文を読む>