社会人野球の第88回都市対抗野球大会(14日開幕・東京ドーム)に、三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)が4年連続34度目の出場を果たす。1回戦は17日、NTT東日本(東京都)と対戦。東京都第1代表の強豪に対し、守備からリズムをつくりたい。

 三菱重工神戸・高砂はエース守安を軸にした守りのチームだ。守安は近畿2次予選4試合に先発、負ければ敗退の第5代表決定戦では大阪ガス(大阪)を相手に粘り強く投げ、2失点で完投した。

 本大会でも登板が濃厚で、富監督は「取られても2、3点まで」と信頼をおく。若竹や飛嶋、尾松らも控え、失点は計算できるだけに、「あとは何点取れるか」という打線がポイントだ。

 近畿...    
<記事全文を読む>