第70回富山県中学校野球大会(県中体連、北日本新聞社主催)は8日、上市町の丸山球場と南砺市の城南スタジアムで開幕した。富山、高岡、新川、砺波の各地区予選を突破した16校が1回戦に臨み、庄西(砺波1位)、雄山(新川3位)、大門(高岡3位)、出町(砺波3位)、氷見北部(高岡1位)、入善西(新川2位)、上滝(富山1位)、鷹施(新川3位)が8強入りした。入善西の草切駿吾投手(3年)は無安打無得点試合を達成した。

 丸山球場で開会式があり、県中体連軟式野球専門部の坂口司部長があいさつ。蒲地北日本新聞社取締役事業局長が激励の言葉を述べた。選手を代表し、庄西の嶋倉連太郎主将(3年)が「大好きな野球がで...    
<記事全文を読む>