第41回日米大学野球選手権は12日に米国で開幕し、上武大の島田海吏と吉田高彰が日本代表として史上初の3大会連続優勝に挑む。ともに代表選出は2年連続で、主力級の活躍が期待される。

 島田はユニバーシアード競技大会(8月・台北)の代表にも選ばれており、今秋のドラフトに向けたアピールに格好の舞台となりそうだ。

...    
<記事全文を読む>