八月六~十三日に米国カリフォルニア州で開かれる世界少年野球大会にジャパンチームの一員として出場する高岡市福岡中学校三年の上田洸太朗投手(14)=高岡ボーイズ=が三日、同市役所を訪ね、高橋正樹市長に大会出場への抱負を語った。

 日本少年野球連盟のボーイズリーグや公式戦の成績などから、ジャパンチーム十八人の一人に選ばれた。身長一八〇センチの左投げ左打ちで、スライダーが決め球。

 上田投手は「肩の関節が軟らかい特長を生かし、三振を取りたい。世界のレベルの高い選手から学ぶという意識を持っていきたい」と意気込みを話した。

 高橋市長は「ひのき舞台で思う存分に活躍してきてほしい。世界の選手と切磋琢磨(せ...    
<記事全文を読む>