上田利治さんの死去を受け、親交のあった徳島県出身のプロ野球OBらも、名将をしのび、冥福を祈った。

 「ショックで寂しい」。中日などで日米通算125勝を挙げた元投手の川上憲伸さん(42)=徳島市出身=は訃報に心を痛めた。

 20年ほど前から上田さんとたびたび食事するなど交流があり「投球で悩んだ時に相談に乗ってもらい、気が楽になったこともある」。監督時代、喜怒哀楽を表に出す上田さんの姿は、闘志を前面に出した自身のプレースタイルにも生かされたといい「何らかの形で、熱い思いを継いでいきたい」と誓った。

 元巨人投手の水野雄仁さん(51)=阿南市出身=は「会うと『頑張れよ』と必ず声を掛けてくれた。大き...    
<記事全文を読む>