第88回都市対抗野球大会(14日から12日間・東京ドーム)に4年連続36度目の出場を決めた西濃運輸(岐阜県大垣市)の激励会が30日、同市万石の大垣フォーラムホテルで開かれ、関係者や市民ら約380人が熱いエールを送った。

 同社の取引先でつくる西濃カンガルー会(田中良幸会長)が主催。セイノーホールディングスの田口義隆社長や西濃運輸の神谷正博社長のほか、棚橋泰文衆院議員、猫田孝県議らが詰め掛けた。

 選手、監督ら41人が大きな拍手で迎えられて入場。田中会長が「黒獅子旗獲得を夢見ている。1戦1勝で戦ってほしい」と活躍を期待した。

 壇上に整列した選手らが一人ずつ紹介された後、林教雄監督が「頂点を目...    
<記事全文を読む>