札幌ドームを管理運営する札幌市の第三セクター「札幌ドーム」は30日、株主総会と取締役会を開き、新社長に北海道銀行前副頭取の山川広行氏(60)が就任した。山川氏は取材に、プロ野球北海道日本ハムが新球場を建設して札幌ドームから本拠地を移す方針について「イベントで埋め合わせるなど対応を進めないといけない」と述べ、球団の本拠地移転による収入減に備える考えを示した。

 山川氏は「日ハムが新球場を造るとしても5年ほどかかる。その間に営業をしていく。企業トップにイベント開催を頼んで歩きたい」と述べた。

 球団は6月29日に新球場を核としたボールパーク構想のイメージ図を公表し、新本拠地の候補地選びを加速。...    
<記事全文を読む>