プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区首位)は28日、高岡市の高岡西部総合公園野球場で福井ミラクルエレファンツ(同3位)と対戦し、1-2で敗れた。通算成績は8勝4敗1分けで、順位は変わらない。

 富山はセレスティノが先発。勢いのある直球を駆使したが、4四球と制球に苦しみ、七回に逆転を許して降板した。

 後を継いだ竹林(氷見市出身)、ラミレス、米山は3人で相手打線を1安打に押さえるなど好投したが、打線の援護に恵まれなかった。

 打線は一回、先頭のペゲロが二塁打で出塁すると、3番・河田が右中間に適時打を放ち先制した。だが、以降は得点圏にランナーを進めるも、あと1本が出な...    
<記事全文を読む>