プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは28日、各地で5試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズはしんきん諏訪湖スタジアムで、同5位の石川ミリオンスターズと対戦し、12―5で大勝した。信濃は2連勝で、後期通算11勝7敗。首位の富山サンダーバーズとゲーム差はなくなったが、勝率の差で順位は2位のまま。

 信濃は1―1の同点で迎えた四回、無死満塁から船崎の右前適時打と敵失、小林の中前適時打で一挙5点を勝ち越した。五、六回に1点ずつ返されたが、八回に打者11人の攻撃で5得点して突き放した。

 先発仲野は8回を4失点にまとめて、信濃移籍後初勝利を挙げた。

 信濃は29日、同スタジアムで午後1時か...    
<記事全文を読む>