プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは27日、長野市の長野オリンピックスタジアムなどで3試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは、同5位の石川ミリオンスターズと対戦し、6―5で勝った。信濃は後期通算10勝7敗とし、貯金を3に増やした。順位は2位のまま。

 信濃は二回、2死満塁からライが四球を選んで1点を先制。直後にソロ本塁打で追いつかれた。四回、2四球で2死一、二塁とすると、小林が左越え本塁打を放って3点を勝ち越した。五回には森田の本塁打、大平の適時打で2点を加えた。七回に2失策が絡んで1点差に迫られたが、逃げ切った。

 信濃は28日、しんきん諏訪湖スタジアムで午後6時から石川と...    
<記事全文を読む>