プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの信濃グランセローズは19〜23日の5日間で4試合に臨む。信濃は17日で後期の試合数の3分の1となる12試合を終えて、6勝6敗で西地区2位タイ。2位で並ぶ福井ミラクルエレファンツと滋賀ユナイテッドとの試合もあり、勝ち越して混戦状態から抜け出したい。

 信濃は後期、福井とは1勝1敗。直近となる14日の試合では、延長十一回の末に2点差で敗れた。今季からリーグに参戦している滋賀には、前期開幕から一度も負けていない。

 信濃は連戦が続く中で、投手陣が踏ん張れるかが鍵を握る。新加入したペレスが先発として機能しておらず、17日の試合で名取が4回無失点の好投を見せ...    
<記事全文を読む>