野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は12日、川崎市の読売ジャイアンツ球場で巨人3軍と対戦、10-6で2試合ぶりに勝ち星を挙げた。後期通算成績は6勝4敗。

 栃木GBは10安打で10得点と効率よく得点した。4点を追う二回2死一塁から、橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)と山崎貴之(やまざきたかゆき)の連続適時打で2点を返すと、四回は一挙5得点。2死満塁から江畑秀哉(えばたしゅうや)の2点適時打で同点、さらに高野勇太(たかのゆうた)の走者一掃の3点適時三塁打で逆転に成功した。

 先発・吉場充希(よしばみつき)が1アウトも取れずに降板するなど初回に4失点したが、小林...    
<記事全文を読む>