プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは9日、金沢市民球場などで5試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは同4位の石川ミリオンスターズと対戦し、4―8で敗れた。信濃の連勝は3で止まった。後期通算4勝3敗で、順位は2位のまま。

 信濃は一回、ジェウディーの左越え2点本塁打で先制し、二回は大平の適時打で計3点をリードした。しかし、先発の新加入の左腕ペレスが3四死球や暴投などで2点を返され、1回1/3で降板。四回に船崎の適時三塁打でリードを広げたが、直後に3番手の仲野がつかまり同点。六、八回で計4失点するなど救援陣が踏ん張れなかった。

 信濃の次戦は12日。富山県高岡市の城光寺野球場で同...    
<記事全文を読む>