野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は8日、小山運動公園野球場で福島と対戦し、7-6で逆転サヨナラ勝ちした。リーグ参入後初のサヨナラ勝ちで連敗を2でストップし、後期通算成績を5勝3敗とした。

 栃木GBは1点を追う初回、八木健史(やぎたけし)の左越え2点本塁打で逆転に成功。四回に逆転されたが、六回に八木の右犠飛と敵失で同点に追い付いた。

 2点を追う九回は1死一塁から、高野勇太(たかのゆうた)の右越え本塁打で同点。2死から橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)、金子将太(かねこしょうた)の連打で一、三塁とし、江畑秀哉(えはたしゅうや)が左前にサヨナラ打を放った。

 ...    
<記事全文を読む>