プロ野球・ルートインBCリーグ西地区の富山GRNサンダーバーズは8日、魚津市の桃山球場で福井ミラクルエレファンツと対戦し、9-9で引き分けた。後期開幕以来の連勝は3でストップした。

 富山は1点を追う三回、沢田が左前へ適時打を放ち同点に追い付くと、1死一塁でペゲロが今季6号となる本塁打で2点を追加。2死一、三塁から高山が左越えの2点適時二塁打を放ち差を広げた。六回には沢田が今季4号の本塁打で3点、七回に長尾が左越えの適時二塁打で1点を加えた。

 守っては富山市出身の吉田が今季初先発し、6回を投げて3失点に抑える好投を見せたが、八回に継投したマバレが6失点し同点とされた。

 次戦は9日午後1時...    
<記事全文を読む>