プロ野球・ルートインBCリーグ西地区の富山GRNサンダーバーズは7日、高岡市の高岡西部総合公園野球場で福井ミラクルエレファンツに1-0で競り勝ち、後期開幕3連勝を飾った。

 試合は息詰まる投手戦となった。富山の先発バリオスは序盤こそやや制球を乱したが、中盤以降は立ち直った。伸びのある直球がさえ、7回無失点の好投。八回は竹林(氷見市出身)、九回はシレットが締め、完封リレーを披露した。

 打線は七回まで2安打と相手投手に苦しめられたが、八回2死から中村が値千金のソロ本塁打を放った。

 次戦は8日午後2時から、魚津市の桃山球場で再び福井と対決する。富山の予告先発は左腕の吉田(新湊高出)。
<記事全文を読む>