野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は5日、川崎市の読売ジャイアンツ球場で巨人3軍に2-4で敗れた。連勝は4でストップ。後期通算成績は4勝2敗となった。

 栃木GB先発のウーゴは初回に3失点し、三回もソロ本塁打を浴びるなど苦しい立ち上がり。頼みの打線は二回に橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)の適時三塁打で1点を返したが、その後は巨人の小刻みな継投の前に2安打と沈黙。七回無死一、二塁から大嶋達也(おおしまたつや)の犠打が相手投手の悪送球を誘い2点目を奪ったものの、その後の無死二、三塁と続いた絶好機を生かせなかった。

 次戦は7日午後1時から、佐野市運動公園野球場...    
<記事全文を読む>