プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは30日、各地で3試合を行った。西地区の信濃グランセローズは福井市営球場で同地区の福井ミラクルエレファンツと対戦し、6―3で勝った。信濃は後期に入って2戦目で初勝利を挙げた。

 信濃は2―2の同点で迎えた四回、森田、新村の連打と四球で無死満塁とすると、西田の右前2点適時打、続く永冨の左犠飛で計3点を勝ち越した。先発高井は7回を投げて、9安打を許しながらも3失点と粘投。先生、仲野、山崎の継投で追加点を与えなかった。高井は6勝目、山崎は10セーブ目を挙げた。

 信濃は1日、松本市野球場で午後1時から西地区の富山サンダーバーズと対戦する。信濃の予告先発は樫...    
<記事全文を読む>