東北楽天は敗色濃厚の九回2死無走者から、高校球児のような粘りで逆転勝ちを収めた。今季初の4連敗と同一カード3連敗の寸前だっただけに、梨田監督は「劣勢を耐え忍び、よく勝った」とたたえた。

 まず嶋が「絶対に負けたくない。塁に出れば何かが起きる」と四球で出塁し、勝利への執念を示すと、茂木の四球で一、二塁。続く聖沢の左中間二塁打で嶋の代走福田と茂木が生還し、ベンチは歓喜に沸いた。

 聖沢は貪欲かつ冷静で「最後の打者になるかもというマイナス思考を捨て、打てばヒーローだというプラス思考で臨んだ」。打者有利のカウント2-1からの決勝打は「(配球の)読みで勝った結果」。直球待ちでも変化球を見極められた初...    
<記事全文を読む>