東北楽天は逆転勝ちで連敗を3で止めた。2-3の九回2死走者なしから2四球で一、二塁とすると、聖沢が左中間へ逆転の2点二塁打を放った。先発釜田は四回途中3失点で降板し、その後を救援陣が無失点で締めた。5番手久保が2勝目、6番手福山が3セーブ目を挙げた。

 オリックスは先発西が7回2失点と好投したが、九回を任された新人の黒木が制球を乱した。

 オリックス-東北楽天16回戦(東北楽天12勝3敗1分け、13時2分、京セラドーム大阪、21,854人)東北楽天 010000102=4オリックス010200000=3(勝)久保15試合2勝(S)福山41試合6勝3S(敗)黒木43試合5勝2敗2S(本)マレ...    
<記事全文を読む>