広島の一岡竜司投手(26)が30日、ヤクルト17回戦(マツダ)で足に打球が直撃して途中降板した。七回に2番手で登板。先頭藤井に初球をはじき返されて投手強襲の内野安打となり、そのままベンチへ下がった。

...    
<記事全文を読む>