東北楽天の梨田昌孝監督は29日、右肘骨挫傷で離脱していた茂木栄五郎内野手(23)を30日のオリックス戦から、約1カ月半ぶりに1軍登録して起用する方針を明らかにした。「(守備で)投げるのにはまだ不安があるが、打つ方はもう大丈夫」としており、1番指名打者で出場する見通し。

 茂木は6月17日の阪神戦で打撃の際に右肘を負傷していた。選手間投票で選出されたオールスター戦の出場を辞退したため、規定により後半戦開始から10試合が経過する29日までは出場できなかった。

...    
<記事全文を読む>