抑えの松井裕、「脅威の2番」ペゲーロら投打の主力が次々と負傷離脱した影響と言えばそれまでだが、投打に淡泊な負け方だった。東北楽天は打線の大量援護に投手陣が応える得意の形をこの試合でも見せられず、今季ワーストタイの3連敗。2位ソフトバンクにゲーム差なしとされた。

 「松井裕がけがで抜けたこともあるし、先発として長い回を投げようと思ったが…」。同じく先発3本柱の岸で始まった連敗のストップが期待された美馬は、2-2の六回に踏ん張れなかった。先頭中島への四球でリズムを崩すと、マレーロ、T-岡田に連打を浴びて満塁に。ここで安達に右翼線への2点二塁打、続く伊藤に左犠飛を許し、2-5と3点を勝ち越され...    
<記事全文を読む>