◆WBAスーパーフェザー級 前世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者で、日本歴代3位の世界王座11連続防衛の記録を持つ内山高志(37)=ワタナベ=が29日、現役引退を表明した。東京都内で記者会見し「前のように練習で100パーセント追い込めないと思った。思い残すことはない」とすがすがしい表情で語った。

 内山は強打を武器に高いKO率を誇り、2010年1月に世界王座に就いた。15年12月に日本歴代単独2位の11度連続防衛(当時)をマークした。昨年4月のジェスレル・コラレス(パナマ)戦で2回KO負けし、プロ初黒星で12度目の防衛に失敗。王座返り咲きを狙った12月の再戦でも判定...    
<記事全文を読む>