東北楽天は投手陣が11失点と崩れ、2連敗となった。2-2の五回、先発塩見が1死から連打と四球で満塁のピンチを招いて降板。2番手戸村がロメロの3ランなどで5点を奪われた。5-7と追い上げた直後の七回は4番手金刃が中島に満塁弾を浴びた。

 オリックスは連敗を8で止めた。先発金子は七回途中5失点の内容だったが、打線の大量援護を受けて8勝目を挙げた。東北楽天 100100300=5オリックス01105040×=11(勝)金子18試合8勝6敗(敗)塩見4試合1勝1敗(本)ウィーラー23号(1)(金子)=1回、ロメロ17号(1)(塩見)=2回、ロメロ18号(3)(戸村)=5回、吉田正3号(1)(塩見...    
<記事全文を読む>