東北楽天は28日、左前腕部を骨折していた今江年晶内野手(33)が同日に東京都内で「左尺骨プレート固定手術」を受けたと発表した。全治約2カ月半で、10月上旬までのリーグ戦中の復帰は絶望的となった。

 今江は27日のソフトバンク戦(コボパ宮城)で一塁を守った際、打者走者と接触して負傷していた。今季は51試合に出場し、打率2割5分、1本塁打、10打点だった。

...    
<記事全文を読む>