勝負の分かれ目は五回だった。東北楽天先発の左腕塩見は2-2で迎えたこの回、連打と四球で1死満塁とされて右腕戸村と交代。戸村が5点を奪われ、2-7と突き放された。

 1死満塁、右打者の安達を迎えたところで梨田監督は「右打者が続く」と戸村をマウンドに送り「併殺打で切り抜けてほしい」と期待した。しかし、いきなり暴投で1点を献上すると、さらに安達の一塁ゴロの間に1失点。その後の2死一、三塁からロメロに左中間への3ランを喫した。

 塩見は「前半戦に仕事ができなかった分、後半戦で巻き返す」と必勝を期していたが、五回途中5失点で敗戦投手に。「試合をつくれず申し訳ない」と責任を背負った。
<記事全文を読む>