ペゲーロ、岡島と外野のレギュラー2人が同時に負傷離脱し、チームは苦しいやりくりを迫られている。2人の穴は聖沢、松井稼、田中を中心に埋める方針で、加えて外野も守れる内野手の中川と外野手の福田が25日に急きょ1軍に合流した。

 開幕からペゲーロが全81試合で座り、快進撃の象徴となっていた2番の代役は聖沢が務める見込み。池山チーフコーチが「ペゲーロがいなければ超攻撃型はできないが、相手投手の右左投げに関係なく、まずは聖沢に頑張ってもらおうと思っている」と明言した。

 聖沢は「けが人が出たのはチームにとって痛いが、自分にはチャンス」とプロ根性をのぞかせる。「クリーンアップにつなぐ、本来の2番として...    
<記事全文を読む>