◇広島2-1巨人 広島が投手戦を制して3連勝を飾った。0-0の八回1死二塁で代打西川の適時内野安打で均衡を破り、菊池の中前適時打で1点を加えた。野村は7回3安打無失点の好投で6勝目。巨人はマイコラスを打線が援護できなかった。

 岐阜の上空を分厚い雲が覆い、試合開始直後には雨が降り出した。投手にとって難しい状況だったが、広島の野村には関係なかった。7回無失点。対巨人では今季4登板目で初勝利。自信に満ちた表情で言い切った。「点を与えなければ勝てると思っていた」 慣れない地方球場のマウンド。珍しく立ち上がりは思うようにボールを操れずにいた。苦しみながら一回を無失点で切り抜けると、「二回以降はアジ...    
<記事全文を読む>