東北楽天は25~27日、2位ソフトバンクを本拠地コボパ宮城(仙台市)に迎え、首位攻防3連戦に臨む。互いに後半戦は5勝1敗と好調で、1.5ゲーム差で競っている。東北楽天はペゲーロ、岡島の両主力外野手が23日のオリックス戦で相次ぎ負傷離脱する緊急事態だが、先発に則本、岸の2枚エースを立て、「チーム全体で頑張りたい」と意気込む。

 24日はコボパ宮城の室内練習場で、先発投手陣が練習を行った。25日の第1戦に先発の則本、26日の第2戦に先発予定の岸はブルペンに入り、力強く投げ込んだ。大事なカード前だが、時折笑顔を見せるなどリラックスした様子だった。

 則本、岸は前回のソフトバンク2連戦(11、12...    
<記事全文を読む>